直線上に配置
株式会社奥田縫製

企画・開発 Planning


機能性、デザインをあらゆる方面から捉え、
ソフト面を重視した製品開発をすすめています。
 「品質とグレードが高く、いかに価値のある製品を提供することができるか」が、事業を展開していく上で重要なテーマとなります。
 私たちはソフト面を重視した物づくりにこだわり、コンピューター利用などによる企画開発、そして品質の検討や情報収集などにも意欲的に取り組んでいます。
またアパレルメーカーにおいても提案を常に行っています。
技術Technology  最新コンピューターシステムや自動機器を導入し、
オートメーション化による技術革新を促進。
従来人間の手に委ねてきた作業をコンピューターシステムにより、各工程でのオートメーション化が次々と実現されています。CADシステムをいち早く取り入れた当社では、データ蓄積に伴った品質や作業時間の平準化を推進。また各工程ごとでさまざまな自動機器を組み込むことで高効率へとつなげ、リアルタイムな対応、そして応用分野への挑戦など新たな展開に余念がありません。
生産ラインProductive
process
  
多能工化の精度をより高めた独自のラインを編成。
生産性のアップ、合理化を進めています。
 当社では各自オペレーターが作業範囲を広げ、同じステーションで相互に流し作業を取り組んでいく多能工システムを採用。また多品種小ロット型の独自ライン編成を組み込むなど、工程ロスをできるだけ排除した、小回りのきく生産体制を実現しています。
 また各工場とも生産品種に合わせた配送機能を完備、納期短縮に努めています。
加工事業  シロセット加工  
流通センター  

直線上に配置